「できるインフラエンジニア」が求められている! インフラエンジニアがフリーランスになるなら、いま!

特集ページ

インフラエンジニアのためのフリーランス指南

インフラエンジニアのためのフリーランス指南

ITシステムの足回りを担うインフラエンジニア。インターネット普及以降、システム開発の土台を支えてきましたが、昨今のクラウドや仮想化ブームによって、インフラエンジニアへの要求レベルはますます高くなってきています。インフラエンジニアにとっても、新しい時代についていけるか、取り残されるかの分かれ道。そんな今だからこそ、フリーランスの「できるインフラエンジニア」が求められています。

インフラエンジニアがフリーランスになる前に

世の中にインターネットが登場し、めくるめくスピードでIT社会になりました。今となってはITがなかった時代を思い出すことすら難しいほど、わたしたちの生活はIT技術で満たされています。スマートフォンやタブレットの登場により、インターネットはますます身近になり、人々はそれがITシステムであることを意識すらせず、ITシステムの恩恵を享受しています。そんな時代を影で支えているのが、ITエンジニアたち。インフラエンジニアはそんなITエンジニアの中でも地味で目立ちにくい存在ですが、ITシステムの基盤を担う重要な役割です。そんなインフラエンジニアの仕事内容や平均年収、そして仕事の魅力を紹介します。 インフラエンジニアがフリーランスになる前にの詳細を見る

フリーランスのインフラエンジニアが語るインフラエンジニアの現状

フリーランスのインフラエンジニアの目線から、インフラエンジニアの現状について語ります。そもそもインフラエンジニアという分野は需要に対して人手不足な職種でした。そこに加え、空前のクラウドブーム、仮想化の普及など、インフラエンジニアを取り巻く環境は否応なく変化してきています。まさに今がインフラエンジニアの転換期ともいえるでしょう。この転換期にどう対応するかで、「できるインフラエンジニア」か「ただのインフラエンジニア」かに分かれていきます。できるインフラエンジニアの仕事が枯渇することはほぼ無いと言ってよいでしょう。 フリーランスのインフラエンジニアが語るインフラエンジニアの現状の詳細を見る

インフラエンジニアがフリーランスになるとは

インフラエンジニアとしてハイレベルなスキルが身についているのであれば、思い切ってフリーランスにチャレンジする価値は十分あると思います。ひとつの企業に所属しながら携わる仕事の範囲は限られており、スキルや知識の幅を広げようにも限界が見えてきます。フリーランスとして様々な案件、現場、場数を踏むことで広がる経験の幅は、ひとつの会社に居続けた場合に見える世界とは比較にならないほど広がります。フリーランスという生き方はいいことばかりではなく、決して楽でもありませんが、その苦労に見合うだけのものを得られるはずです。 インフラエンジニアがフリーランスになるとはの詳細を見る

おすすめ記事

インフラエンジニアのためのフリーランス指南

Anout me

About me会社員時代はインフラ専門でエンジニアとしての経験を積み、独立。フリーランスエンジニアとなってからは、インフラをメインに広範囲の案件を請け負っています。

Copyright © 2014 インフラエンジニアのためのフリーランス指南 All Rights Reserved.